引越し業者 さいたま

さいたまの引越し業者を選ぶ方法

さいたま 引越し 相場

さいたま 引越し 価格

さいたま 引越し 料金

さいたま 引越し 比較

さいたま 引越し 激安

 

さいたま市の引越し業者を検索すると、60件以上ヒットします。
たくさんある引越し業者の中から、1社だけに決めるのはなかなか難しいのです。

 

そこでオススメなのが、引越し業者一括見積もりです。

 

大手から地域密着の引越し会社200社以上が参加、1回の情報入力で最大10社を選んで見積もりが取れます。

 

引越し業者に何度も連絡する必要がないので、オススメです。

 

さいたま 引っ越し 安い

 

引越し費用は会社によってかなり違います。
複数の業者の見積もりを取ることで、相場はもちろん最安値も簡単に見つけることができるのです。

 

引越し業界は、3月前後と9月前後に忙しくなる傾向があります。
それは新学期だったり、人事異動の時期だったり。

 

忙しい時期は特に条件の良い引越し業者から予約がうまります。
引越しは新居が決まったらすぐに見積もりを取って、確実に良い引越し業者をおさえておきたいものですね。

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

引越しと初期費用

 

さいたま引越し初期費用

 

引越しをするには結構、最初に費用ががかかります。
大きな金額になるものは、引越し費用と物件の契約料だと思われます。

 

物件の契約料とは何でしょう?
賃貸物件を初めて借りるという方は、入居時にかかる初期費用についてよくわからないと思いますので、記載したいと思います。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用には、敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などがかかります。
たくさんありますね。

 

敷金は物件の退去の際に物件を修繕する費用で、汚れた壁紙やふすまを綺麗にする費用で貸主に最初に預けるという形になっています。
部屋を綺麗に使っていれば退去時に返還されますので、部屋は綺麗に使いましょう。
最初から大きな傷がある場合は家具が何も入ってない段階で写真を取っておきましょう。後でトラブルになったときに役に立ちます。

 

敷金は契約内容によっては一部または全額を返還しないことになっている場合もありますので、契約書をしっかり確認しましょう。

 

礼金は貸主へのお礼として昔から慣習的に支払われているものです。
指定されている場合は支払う必要がありますが、最近は礼金ゼロという物件も多くあります。
なぜかというと空き家が多くなっている昨今、貸主さんも早く部屋に入居して欲しいため礼金ゼロにしている方もいます。

 

2か月分、3か月分の家賃を先払いを求める貸主もいます。
家賃の滞納が社会問題となっていますので、ちゃんと家賃を支払う能力がある人かどうか確認するという意味合いがあります。
逆に1か月フリーレントといって、「1か月分の家賃が無料なので、うちの物件にお入りくださいね!」という貸主もいます。

 

考え方は貸主それぞれ違いますから、物件を探すときに注意してみてくださいね。

 

仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払う費用です。
これは法律は〇〇円と決まっていませんので、家賃1カ月分だったり、家賃の数パーセントだったりと会社によって決まっています。

 

以前であればは賃貸契約の際に連帯保証人として親の名前などを契約書にサインさせたりしたものです。
連帯保証人を2人用意してくださいという物件も普通にありました。
しかし最近はいろいろな事情があって連帯保証人を用意できない人が増えたため、連帯保証会社の利用費用を支払って保証会社に身元の保証を依頼するのが主流になりつつあります。

 

賃貸物件はほぼほぼ集合住宅なので火が出ると燃え移る可能性が高いです。
ですから必ず火災保険に加入させられます。
なぜなら隣部屋の方が火元で火災が起こった場合でも、自分が火災保険に加入していなければ相手に賠償を請求することはできないのです。
残念ながらもらい火も自己責任なのです。火災保険の加入は必須です。

 

物件に入居する際に鍵の交換を行います。
マスターキーは管理会社や大家さんに返却されますが、前の住人がスペアキーを作っていた場合、これらまで回収できません。
そもそも合鍵は何本作られたのかもわかりませんので、鍵は新しくしたほうがいいです。。
やはり他人が自分の家のカギを持っているのは気持ちのいいものではありませんものね。
費用は1.5〜2万円くらいだそうです。

 

このように契約時にかかる費用は物件を扱う不動産会社や貸主さんの考え方によってかなり差があります。
契約書にサインをする前にしっかり確認しましょう。

 

 

引越しのだいたいの手順

 

引越し 手順

 

引越しのおおまかな手順を確認しておくと、たいぶ便利ですから是非一度目を通してくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

まずは引越し業者を決めてしまいたいところですが、引越し費用は新居の物件にエレベーターがあるのかないのかによっても金額が変わるのです。
ですから、まず新居が決まらないことには正確な金額を見積もりすることが出来ません。
引越し業者への見積もりのタイミングは、新居が決定したらすぐがオススメです。

 

次に引越し料金は荷物の量に比例して値段が変わりますから、不用品はどんどん処分して出来るだけ荷物を減らしてください。
季節外れの洋服など、使わないものから梱包していきましょう。

 

市外への引越しの場合は、市町村役場で転出届を提出します。転出届は引越しの2週間前から提出することができます。
出し忘れると提出しに戻ったり、役所の人に連絡して郵送してもらって記入後に送り返すなどの手間がかかります。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険、児童手当などの手続きが必要かも聞いておいてください。

 

2週間くらい前になると電気・ガス・水道業者に連絡して、引越し日までの費用を日割り精算してもらいます。
手続きの方法は各会社で異なりますので、まずは電話連絡をしてください。。
もし新居が同一市内なら、引越し日に新居で電気・ガス・水道を使えるように手配してもらいましょう。

 

引越ししたら郵便物が届かなくなったのでは非常に不便ですね。
しかし最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出すれば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
この1年間に引越ししましたという連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどでお知らせしておきましょう。

 

引越しの当日、運ぶものはすべて引越し業者におまかせして、あなたは家財の配置を指示してください。
あらかじめ決めて紙に書いておくと便利です。

 

しかし貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものは自分で運んだ方が安心です。
これらは破損して保険を使ってもお金で解決できるものではありませんので、大事にしてください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら「転居届」を市外引越しなら「転入届」を提出しましょう。
これで選挙のお知らせなどが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更の連絡をしましょう。
忘れると大事なお知らせが届かなかったり、いざ使おうと思っても使えないなどのトラブルに成りかねません。
忘れないうちに行ってください。

 

 

引越し業者の有料オプション

 

引越し オプション

 

引越し業者には別に料金がかかる「オプション」というサービスが存在します。
この有料オプションは、どんなことをしてくれるものなのでしょうか?

 

以下のようなものが、有料のオプションサービスです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

すべての人に必要なわけではありませんが、あると嬉しいサービスばかりですね。

 

この中で依頼が多いのがエアコンの移設です。

 

エアコンは高価な家電ですから、自分で買って部屋に取り付けたのなら新居にも持って行きたいと思うのが当然です。
しかし、エアコンはコンセントを抜けば移動できる他の家電とは異なり、移設するには配管などがあるため電器屋さんに依頼しなければなりません。

 

これを引越し業者に依頼しておけば、あなたの代わりにエアコンの移設を手配してくれるのです。
もちろん自分でやってもいいのですが時間にも追われますし、費用もさほど変わらないのであればオプションを依頼したほうが楽です。

 

車の陸送もそうです。
自分で運べる距離ならいいのですが、そうでない場合もあります。
例えば仕事が忙しい・運転が苦手・長距離を走る体力がない・小さい子がいる・妊娠中などの理由で遠距離を運べないことも考えられます。

 

それが引越し業者に依頼すれば変わりに車も運んでくれるのですから、助かりますね。
このように一部の人にはとても便利な事柄がオプションサービスとなっているのです。

 

引越しと挨拶

 

引越しのあいさつ

 

引越ししたら、ご近所へ挨拶に行きましょう。

 

引越しの挨拶は、引越し当日か翌日に行きましょう。
なぜかというと先延ばしにすると面倒くさくなったり、道や廊下でバッタリ会ってしまってタイミングを逃したりするからです。

 

先に簡単な粗品を用意しておけば、早めに行けるのでおすすめです。
粗品は500円とか1000円くらいの日用品やお菓子がいいです。タオルや洗剤、コーヒーや紅茶などが喜ばれると思います。

 

ではどこのお宅まで挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋に挨拶に行きましょう。
大家さんや管理人さんが近くにお住いの場合は、そちらにもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒です。
一軒家はマンションのようなに住人専用のゴミ収集所がないので、おそらく町内で当番制で清掃を行っているかと思います。
ですから自治会長さんにもご挨拶して、ゴミ出しのルールなどを聞いておくと安心ですね。

 

気持ちの良い新生活のためにも、挨拶はしておきましょう。

 

 

人生で何回くらい引越しをする回数

引越しする回数

 

アンケートで一番多いのは3〜4回だそうです。
進学・就職・結婚・出産などのタイミングで引越しをするチャンスがあります。

 

しかし逆に驚きなのが15%以上の人が7回以上と答えています。
日本は転勤が当たりまえの国なので、何度も引越しをしている人も多いようですね。
銀行員は2〜3年に一度転勤があると言われますし、建設業もいろいろな現場に行くことが多く引越しは多いです。
親の都合で子どもの頃から12回以上引越しをしているという方も少なくありません。

 

しかしお子さんが大きくなると、お父さんだけが単身赴任をしているという家庭が増えます。高校はそう簡単に変えられないので、その頃になるとみんなでお父さんの仕事の都合で引越しするという選択肢を選ぶ人が少なくなります。

 

逆に実家の近くに住み、親も自営業でそこを手伝っているので1回しか引越ししたことがないという人も多いです。
実家や生まれた地域を離れるというのはハードルが高く、進学も就職も実家から通えるところを探したという方もいます。
親を残して遠くに引越しするのは、なんとなく申し訳ない気もちになるのも分かります。

 

引越しの回数は、就職した仕事との関係が大きいですね。

 

 

 

埼玉県さいたま市
桜区 見沼区 南区 北区 大宮区 西区 中央区 浦和区 緑区 岩槻区

 

 

 

 

 

 

引越し業者姫路 引越し業者江戸川 引越し業者岩手